千葉の葬儀と風習

千葉の葬儀ナビ

葬儀の形式や段取りは地域によっても違いがあるようで、千葉でも他の地域と比べると独特の風習があるようです。

一例として、千葉の中心部では葬儀後に火葬をするようですが、千葉県館山市や房総地域では葬儀の前に火葬をする習慣があり、同じ千葉でも地域によって違いがあることがわかります。

●お金を配る風習

千葉では葬儀の時に、紅と白のヒモを通した袋を配る風習があり、これは長寿銭と呼ばれていて、参列した人が長寿銭を持ち帰ると、亡くなった人の助けで寿命が延びるという迷信があるようです。

また、千葉の農村部では出席したお年寄りが太鼓を使って、お題目を唱える習慣があるようですが、遺族側としては志と書かれた袋に100円を入れたものを配ってお返しをする習慣があるようです。

●一晩中起きて見守る

千葉の都市部の葬儀は都心と同じように長い時間通夜を行うことはなく、平均すると夕方から通夜が始まって、大体2時間から3時間で終了しますが、農村部では一晩中起きて遺体も見守る番をするそうです。

この時集まった数人の人で酒を飲み交わしてガヤガヤ楽しく過ごすことで死者を安心させるそうです。

●告別式でもお酒を飲む

千葉では地域によって独特の風習があり、松戸市では告別式の時に、遺体を焼く前に親族との別れをしますが、みんなで別れの酒を飲む風習があるようです。

でも、飲む酒の量はわずかで、お猪口にお酒を入れて家族と親族で飲み回して故人との別れを惜しむそうです。

千葉の葬儀ナビ

Copyright www.hanoihalongbaycruise.com All Rights Reserved